GISホームページ

トップページインターネットサービス位置参照情報ダウンロードサービス > 位置参照情報のデータ形式

位置参照情報ダウンロードサービス

街区レベル位置参照情報のデータ形式

  街区レベル位置参照情報のデータ形式は、CSV(Comma Separated Values)形式です。数字のコードはASCII、文字のコードはSHIFT-JISコードです。
 X・Y座標および緯度経度座標の値は、世界測地系(日本測地系2000)です。現在旧日本測地系に基づくデータは提供しておりません。
 平成24年度街区レベル位置参照情報データの項目は以下の通りです。(履歴フラグの部分はデータの作成・更新年度ごとに異なりますが、基本的にはどの年度のデータも同じフォーマットになっています。)

項目 備考
都道府県名 例:東京都
市区町村名 例:千代田区
大字・町丁目名 例:霞が関二丁目
街区符号・地番 例:1
座標系番号 平面直角座標系の座標系番号(1〜19)
例:9
X座標 平面直角座標系の座標系原点からの距離
メートル単位(小数第1位まで)(北方向プラス)
例:-35925.9
Y座標 平面直角座標系の座標系原点からの距離
メートル単位(小数第1位まで)(東方向プラス)
例:-7446.2
緯度 十進経緯度(少数第6位まで)
例:35.676154
経度 十進経緯度(少数第6位まで)
例:139.751074
住居表示フラグ 1:住居表示実施、0:住居表示未実施
例:1
代表フラグ 1:代表する、0:代表しない
例:0
1つの街区が道路などで分断され、1つの街区符号が複数の代表点に対応付けられる場合などに、そのうちの一つに便宜的に代表フラグを立てています。
更新前履歴フラグ 1:新規作成、2:名称変更、3:削除、0:変更なし
例:0
2007年度および2008年度データに含まれるフラグを立てています。
更新後履歴フラグ 1:新規作成、2:名称変更、3:削除、0:変更なし
例:0
2009年度以降のデータに含まれるフラグを立てています。


大字・町丁目レベル位置参照情報のデータ形式

  大字・町丁目レベル位置参照情報のデータ形式は、CSV(Comma Separated Values)形式です。数字のコードはASCII、文字のコードはSHIFT-JISコードです。
 緯度経度座標の値は、世界測地系(日本測地系2000)です。旧日本測地系に基づくデータは提供しておりません。

項目 定義
都道府県コード JIS都道府県コード
都道府県名 当該範囲の都道府県名
市区町村コード JIS市区町村コード
市区町村名 当該範囲の市区町村名
(郡部は郡名、政令指定都市の区名も含む)
大字町丁目コード  大字町丁目コード
(JIS市区町村コード+独自7桁)
大字町丁目名 当該範囲の大字・町丁目名
(町丁目の数字は漢数字)
緯度 十進経緯度
(少数第6位まで、半角)
経度 十進経緯度
(少数第6位まで、半角)
原典資料コード 大字・町丁目位置参照情報作成における原典資料を表すコード
1:自治体資料 2:街区レベル位置参照 3:1/25000地形図 0:その他資料
大字・字・丁目区分コード 大字/字/丁目の区別を表すコード
1:大字 2:字 3:丁目 0:不明


国土交通省国土計画局2007