GISホームページ

トップページインターネットサービス国土数値情報ダウンロードサービス > データの詳細



 データのダウンロード(2.各データ詳細)


   選択したデータ項目は
 国土数値情報 竜巻等の突風データ です。

  最新のデータは製品仕様書第1.1版に基づいています。 (データ作成年度:平成23年度

竜巻等の突風 第1.1版 識別子 A30b
内容 全国で発生した竜巻等の突風について、発生地点、消滅地点等の情報を整備したものである。
関連する法律
データ作成年度 平成23年度(データの範囲:昭和36年〜平成22年)
原典資料 竜巻等の突風データベース(気象庁)
作成方法 竜巻等の突風データベースを基に、発生地点及び消滅地点の座標値を整理(一部は住所から座標値を追加)し、他の属性情報を付与したポイントデータを作成した。発生地点・消滅地点がともに不明なものは、座標値のないインスタンスを作成した。
座標系 JGD2000 / (B, L)
データ形状 ポイント
データ構造イメージ



《拡大表示するには図をクリックしてください》
全体図


拡大図
地物情報 地物名 説明
竜巻等の突風データ 竜巻等の突風について整備したもの
属性情報 属性項目(括弧内はshpの属性記号) 説明 属性の型
竜巻等の突風番号
(A30b_001)
  整数型
竜巻ダウンバースト区別
(A30b_002)
竜巻・ダウンバーストの区別 列挙型
発生 日時
(A30b_003)
竜巻やダウンバースト等の突風が発生した日時 文字型
誤差
(A30b_004)
竜巻やダウンバースト等の突風が発生した日時の誤差範囲 文字型
都道府県名
(A30b_005)
竜巻やダウンバースト等の突風が発生した都道府県名 文字型
市区町村名
(A30b_006)
竜巻やダウンバースト等の突風が発生した市区町村名 文字型
番地
(A30b_007)
竜巻やダウンバースト等の突風が発生した番地 文字型
消滅 日時
(A30b_008)
竜巻やダウンバースト等の突風が消滅した日時 文字型
誤差
(A30b_009)
竜巻やダウンバースト等の突風が消滅した日時の誤差範囲 文字型
都道府県名
(A30b_010)
竜巻やダウンバースト等の突風が消滅した都道府県名 文字型
市区町村名
(A30b_011)
竜巻やダウンバースト等の突風が消滅した市区町村名 文字型
番地
(A30b_012)
竜巻やダウンバースト等の突風が消滅した番地 文字型
藤田スケール(Fスケール)
(A30b_013)
竜巻やダウンバースト等の風速を、構造物などの被害調査から簡便に推定するために、シカゴ大学の藤田哲也氏により1971年に考案された風速のスケール 列挙型
被害域
(A30b_014)
当該竜巻等の突風による被害域の幅(m) 文字型
長さ
(A30b_015)
当該竜巻等の突風による被害域の長さ(km) 文字型
移動 方向1
(A30b_016)
当該竜巻等の突風の移動方向 列挙型
方向2
(A30b_017)
当該竜巻等の突風の移動方向 列挙型
速度
(A30b_018)
当該竜巻等の突風の移動速度(km/h) 整数型
継続時間
(A30b_019)
当該竜巻等の突風の継続時間(分) 整数型
x回転方向
(A30b_020)
当該竜巻等の突風の回転方向 列挙型
発生地点区別
(A30b_021)
当該竜巻等の突風の発生地点 列挙型
総観場 1
(A30b_022)
当該竜巻等の突風の総観場 列挙型
2
(A30b_023)
当該竜巻等の突風の総観場 列挙型
3
(A30b_024)
当該竜巻等の突風の総観場 列挙型
総観規模じょう乱からの位置
(A30b_025)
当該竜巻等の突風の総観規模じょう乱からの位置 整数型
特徴
(A30b_026)
当該竜巻等の突風の特徴 文字型
主な品質情報 ■完全性/過剰・漏れ: 誤率0%
 データ集合と、参照データ同士の一対一の比較を行い、対応が成立した個数を数え、データ集合から漏れているデータ(エラー)の割合(誤率)を計算する
■位置正確度/絶対正確度(外部正確度): 誤率0%
 データ集合の位置の座標と、参照データ(”原典資料名”に記載された資料)の座標との誤差を測定する。
データフォーマット(符号化) ・JPGISに準拠した符号化(GML形式)。詳細は製品仕様書 内の符号化規則を参照してください。
・SHAPE形式。SHAPEファイルの属性について
国土情報ウェブマッピングシステムへの登録 登録あり(ウェブマッピングシステムで情報を図示して確認することができます)
その他の情報 各データのメタデータについては、ダウンロードしたファイルに添付されています。
Shpデータは発生地点データと消滅地点データの2ファイルあり、属性項目としてA30b_027発生位置緯度誤差、A30b_028発生位置経度誤差、A30b_029発生位置緯度、A30b_030発生位置経度、A30b_031消滅位置緯度誤差、A30b_032消滅位置経度誤差、A30b_033消滅位置緯度、A30b_034消滅位置経度が追加される。
更新履歴  

ダウンロードするデータの選択
                                            



国土交通省国土政策局2007