GISホームページ

トップページインターネットサービス国土数値情報ダウンロードサービス > データの詳細



 データのダウンロード(2.各データ詳細)


   選択したデータ項目は
 国土数値情報 鉄道時系列データ です。

  最新のデータは製品仕様書第1.1版に基づいています。 (データ作成年度:平成23年度、平成24年度

鉄道時系列 第1.1版 識別子 N05
内容 昭和25年1月1日から平成24年12月31日までに運行していた全国の旅客鉄道・軌道の路線や駅の開業・廃止情報として、事業者(新幹線、JR在来線、公営鉄道、民営鉄道、第三セクター)、事業者名、路線名、運営会社等などの変遷情報を路線形状(線)、駅位置(点)ごとに時系列的に整備したものである(貨物駅と貨物路線は除く)。
なお、本データは「停車場変遷大辞典T・U[国鉄・JR]」((株)JTBパブリッシング)を原典の一つとして利用していますが、同社から営利・商用目的を除く利用に限って、一般提供の許諾を得ているものであり、これに背いた利用をした場合は罰せられる場合がありますのでご注意ください。
関連する法律
データ作成年度 平成23年度(作成時点:昭和25年1月1日から平成23年7月31日の間に運行していた鉄道路線)
平成24年度(作成時点:昭和25年1月1日から平成24年12月31日の間に運行していた鉄道路線)
原典資料 国土数値情報(鉄道)、数値地図25000(空間データ基盤)、数値地図25000(地図画像)、鉄道要覧・民鉄要覧・私鉄要覧(国土交通省鉄道局監修)、停車場一覧(日本国有鉄道旅客局)、旧版地図(国土地理院)、停車場変遷大辞典T・U[国鉄・JR]((株)JTBパブリッシング)、鉄道事業者の公式ウェブサイト など
作成方法 最新の国土数値情報の鉄道データをもとに、数値地図25000(空間データ基盤)や旧版地図等を背景として作成した路線(線)と駅(点)に、原典資料から整理した鉄道の開業廃止の変遷情報を付与した。
座標系 JGD2000 / (B, L)
データ形状 線、点
データ構造イメージ

《拡大表示するには図をクリックしてください》
地物情報 地物名 説明
鉄道 「路線」及び「駅」の上位クラス。
属性情報 属性名(括弧内はshp属性名) 説明 属性の型
事業者種別
(N05_001)
鉄道路線の事業者を区分するコード。 コードリスト「事業者種別コード
路線名
(N05_002)
鉄道路線の名称。 文字列型
運営会社
(N05_003)
鉄道路線を運営する会社名。 文字列型
供用開始年
(N05_004)
当該区間の供用が開始された年(西暦年)。 時間型(TM_Instant)
設置期間(設置開始)
(N05_005b)
設置期間(設置終了)
(N05_005e)
鉄道路線、駅が設置された年(西暦年)。なお、昭和25年以前に設置された場合は1950とする。
鉄道路線、駅が変更・廃止された年の一年前の年(西暦年)。
現存する場合は9999、不明な場合は999とする
時間型(TM_Instant)
関係ID
(N05_006)
路線および駅の属性が変更された場合の同一地物である事を表すグループID(その他の情報欄に詳細を説明) 文字列型
変遷ID
(N05_007)
同一年次に複数回属性が変更された場合の属性項目を表す識別子。 コードリスト「変遷IDコード
変遷備考
(N05_008)
変遷IDで示した属性の内容を記述する。 文字列型
備考
(N05_009)
駅位置や路線位置が不明確な場合の図形データの精度に関するコメント。 文字列型
地物情報 地物名 説明
路線 「路線」の下位クラス。
属性情報 関連役割名 説明 関連先
路線 整備対象とした駅間を結ぶ区間とする。なお、駅と同様に乗客を乗せて運行する路線を整備対象とする(操車場へ向かう路線は整備対象外)。 曲線型(GM_Curve)
関係備考
(N05_010)
主たる関係ID以外のその他の関係ID 文字列型
地物情報 地物名 説明
「鉄道」の下位クラス。
属性情報 属性名 説明 属性の型
地点 鉄道・軌道(索道は除く)沿いに設置される「一般駅」「旅客駅」「臨時駅(臨時乗降場、仮停車場、仮乗降場)」の乗客が乗降できる駅とし、貨物のみを取り扱うような貨物駅や信号場、操車場は整備対象外とする。また、休止駅は廃止駅ではないため整備対象とする。 点型(GM_Point)
駅名
(N05_011)
駅の名称。 文字列型
主な品質情報 ■ 完全性/過剰・漏れ: 誤率0%
 データ集合と、参照データ同士の一対一の比較を行い、対応が成立した個数を数え、データ集合から漏れているデータ(エラー)の割合(誤率)を計算する。
■ 位置正確度/絶対正確度(外部正確度): 誤率0%
 データ集合の位置の座標と、参照データ("原典資料名"に記載された資料)の座標との誤差を測定する。
データフォーマット(符号化) ・JPGIS2.1に準拠した符号化(GML形式)。詳細は製品仕様書 内の符号化規則を参照してください。
・SHAPE形式。SHAPEファイルの属性について
国土情報ウェブマッピングシステムへの登録 登録なし
その他の情報 各データのメタデータについては、ダウンロードしたファイルに添付されています。
【関係IDについて】
・同一の地物であることを表すグループIDであり、地物間の関係を示す対象地物コードの種類(地物区分コード)と、その対象地物に対して、同一と認識される地物全体に順次付与される共通の番号(グルーピングの番号)を入力する。
・地物区分コードは路線をEB02、駅をEB03とし、グルーピングの番号は「_」(半角アンダーバー)の後に、路線は路線番号(5桁)、駅は路線番号(5桁)+駅番号(3桁)で作成する。
【時系列データの利用方法について】
こちらをごらんください。
更新履歴  

ダウンロードするデータの選択
                                            


国土交通省国土政策局2007