GISホームページ

TOP国土情報データ閲覧・ダウンロード国土数値情報ダウンロードサービス > データの詳細



 データのダウンロード(2.各データ詳細)


   選択したデータ項目は
 国土数値情報 500mメッシュ別将来推計人口(H29国政局推計)(shape形式版) です。
500mメッシュ別将来推計人口(H29国政局推計)(shape形式版) 識別子
内容 2010年の国勢調査に基づき、2050年までの500mメッシュ別の将来人口の試算を行った。なお、総人口、0-14歳人口、15-64歳人口、65歳以上人口、75歳以上人口それぞれについてデータを作成している。
関連する法律
データ作成年度 平成29年度
原典資料 総務省統計局の「平成22年国勢調査に関する地域メッシュ統計」、国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」の推計値、「日本の地域別将来推計人口(平成25年3月推計)」の推計値及び仮定値(生存率、子ども女性比、純移動率)等
作成方法 500mメッシュ単位を基本としたメッシュ別将来人口の試算方法について
さらに推計の詳細についてはこちらをご覧下さい。
座標系 世界測地系
データ形状 分割地域メッシュ(2分の1地域メッシュ)
イメージ
地物情報 地物名 説明


属性情報 属性名 説明 属性の型
MESH_ID 分割地域メッシュ(2分の1地域メッシュ)コード 整数型(9桁)
CITY_CODE 市区町村を分類する5桁のコード番号(01000〜47999)。統計審議会の答申を踏まえ、昭和45年4月に定められたもの
http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/9-5.htm
整数型(5桁)
POP2010 500mメッシュ別2010年人口数(補正あり)
※2010年人口については、総人口データのみ作成している。
実数型
(少数点以下第3位。以下同様)
POP2020(_A〜_D) 500mメッシュ別2020年人口数(補正あり)
※総人口、0-14歳人口(_A)、15-64歳人口(_B)、65歳以上人口(_C)、75歳以上人口(_D)それぞれについてデータを作成している(以下、各年人口および各年指数についても同様)。
実数型
POP2025(_A〜_D) 500mメッシュ別2025年人口数(補正あり) 実数型
POP2030(_A〜_D) 500mメッシュ別2030年人口数(補正あり) 実数型
POP2035(_A〜_D) 500mメッシュ別2035年人口数(補正あり) 実数型
POP2040(_A〜_D) 500mメッシュ別2040年人口数(補正あり) 実数型
POP2045(_A〜_D) 500mメッシュ別2045年人口数(補正あり) 実数型
POP2050(_A〜_D) 500mメッシュ別2050年人口数(補正あり) 実数型
INDEX2020(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2020年人口数の指数(500mメッシュ別)。
(※2010年時点で「0」のメッシュは、「-10」と表示。そのうち各年時点で「1以上」となるメッシュ(居住メッシュ化)については、「999999」と表示。以下同様。)
実数型
(左記※参照。以下同様)
INDEX2025(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2025年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
INDEX2030(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2030年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
INDEX2035(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2035年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
INDEX2040(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2040年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
INDEX2045(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2045年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
INDEX2050(_A〜_D) 2010年人口数を100とした場合の2050年人口数の指数(500mメッシュ別)。 実数型
主な品質情報
データフォーマット(符号化) ・shape形式(文字エンコード:Shift-JIS形式)
国土情報ウェブマッピングシステムへの登録 登録なし
その他の情報 H26年度の国政局将来推計人口メッシュについては1kmメッシュ単位を基本として推計を行っていましたが、今回、500mメッシュ単位を基本として2010年を基準に改めて将来推計を行い、また、5年毎の人口推計の結果も含めて公表しました。
・各メッシュの面積は、緯度経度によって異なるので集計時に注意のこと。
このデータの使用許諾条件 このデータは下記条件を満たすことで、申請等せずに商用利用も含め使用することができます。
・「国土情報利用約款」を充分に理解し、了承すること。
・出典が「国土数値情報」であることと加工した者の名前を表示すること。
更新履歴  


ダウンロードするデータの選択
 
                                            


国土交通省国土政策局2007